優さんが歌手デビューするケースは少なくありません。
ただ、何となくやらされている感があったり、ヤル気はあるけどいまいち空回りだったり・・と女優としての人気度に綾かってCD出したはいいものの、将来的に黒歴史になってしまった・・なんて例も結構あります。

そんな中で、本気で歌を唄っている女優さんをピックアップしてみます。
今現在も続けている人は少ないですが、できればもう1度現役で聞きたい人ばかりです。

あくまで本業は女優です!ミュージシャン上がりの女優はナシです。
満島ひかりさんとかYOUさもかな。

女優として出たけど、ミュージシャンを本業に転身したというのもナシです。
安藤裕子さんとか。

割とヒットしたけどアイドルのりで出した方もちょっと排除させてもらいます。
例えば広末涼子さんとか新垣結衣さんとか。

本気度はあったけどなんだかなって感じだった、栗山千明さんとか西内まりやさんとかもナシで・・。

以上を踏まえた上で、個人的に厳選した5名を紹介しますね。

松たか子

スポンサーリンク


松たか子さんと言えば「ありのままで~♪」ですね。
2014年のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本語版「レット・イット・ゴー」を唄っていたのが有名です。歌手としては、このイメージが強い人が多いと思います。
でも実は、歌手デビューはその17年も前の1997年でした。
そこから2006年頃までは、コンスタントにCDリリースをしています。

デビュー曲は、1997/3/21「明日、春が来たら」
なんと50万枚を売り上げる大ヒットです。

作詞は自身で行ったりもしていますが、脚本家の坂元裕二氏も多くの曲を作詞。
ドラマ「Mother」「それでも、生きてゆく」などを手掛けた有名な脚本家です。

「I Stand Alone」のPVは、岩井俊二監督の作品でした。
映像美が素敵でした。

すごい上手いというわけではないのに、本当に魅力的なんですよね。
唄う事を演じる事ができる唯一無二の女優さんです。

中谷美紀


中谷美紀さんの歌手デビューは1993年。実はアイドル歌手としてデビューでした。そこは深く掘り下げません。
そこから再デビューとなったのは1996年でした。
あの世界の坂本龍一さんのプロデュースです。

中谷さんの歌声はしっかりしているのだけれど、無機質で神秘的です。
坂本龍一ワールドとマッチして、コアなファンを生み出しました。
何といってもヴィジュアルも含め総合性が秀逸で、CDジャケットもMVもどれも完成度が高かったです。

デビュー曲は1996/5/17にリリースした「MIND CIRCUS」。
1997/3/21に出した「砂の果実」がヒットしました。

自身が主演した人気ドラマ「ケイゾク」の主題歌だった「クロニック・ラブ」。
テクノ感、モード感、そして中谷美紀の美しさ、ずば抜けたセンスでした。

中谷美紀さんの歌や略歴についてもっと詳しくはコチラも↓↓
中谷美紀の歌が素敵。結婚は?出演映画やドラマ一覧をまとめ。

個人的には、中谷美紀さんが1番です。
イメージを崩さず、それでいて歌手の中でもこんな人他にはいない本当に稀有な存在でした。

柴咲コウ


2017年には大河ドラマ「おんな城主 直虎」に主演し、既に大物女優と言われる位置にいる柴咲コウさん。
歌手としては2002年「Trust my feelings」でデビューしています。
意外ですが、それから2015年までコンスタントにCDリリースを続けていました。

2枚目のシングルのRUI名義で出した「月のしずく」が90万枚の大ヒットとなりました。
映画「黄泉がえり」の主題歌で、この映画にはRUI名義で出演。

さらに6枚目のシングルの「かたち あるもの」も80万枚の大ヒット。
作詞は自身で行い、他の曲の作詞もほとんど担当しています。

ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌で、自身は映画版の主演をしました。

原田知世


1982年に「悲しいくらいほんとの話」の歌手デビューをした原田知世さん。
それから2002年までの20年間、歌手としても活躍していました。

透明感のある歌声と、独特な空気感でとても心地良い気持ちにさせてくれます。

原田知世さんと言えば、一番有名な曲は「時をかける少女」。
作詞作曲を松任谷由実さんが手がけて、大ヒットしました。

1997年1月22日に発売した「ロマンス」。
ゆるーい感じが出ていてとても好きな曲です。
作詞は原田知世さん自身が行っています。

上白石萌音

スポンサーリンク


まだ若いので実績は少ないですが、歌唱力がその辺の歌手よりズバ抜けています。
アカペラもいける!生放送もいける!最近なかなかそこまでの人いません。

ちなみに妹の上白石萌歌さんもピックアップしたかったくらい素晴らしいです。
上白石萌歌さんについて詳しくはコチラも↓↓
CMで楓を歌う上白石萌歌。はなかっぱの歌も?ドラマやインスタなどの情報をまとめました。

デビューは、自身が主演したミュージカル映画「舞妓はレディ」の劇中歌。

上白石萌音さんの知名度がグッと上がったのは、メガヒットしたアニメ「君の名は。」でヒロイン役の声優を務めたことです。
「君の名は。」の主題歌のRADWIMPSの「なんでもないや」を披露。
三葉が歌っていると思うと何だか切ない気持ちになります。。

その後、カバーアルバムなどを出しています。
「奏」









よろしければ、ポチっとお願いします
     ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク