スポンサーリンク



ミュージシャンで俳優の渡辺大知さんについて、調べてみました。

watanabe_sds

生年月日 1990年8月8日
出生地 兵庫県神戸市
国籍 日本
職業 俳優・歌手・映画監督
ジャンル 映画・テレビドラマ・CM

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

NHK御用達?!出演作の映画やドラマなど

スポンサーリンク


ミュージシャンと俳優という二足のわらじで活躍している渡辺大知さん。

同じように、ミュージシャン兼俳優をしている、先がけ的な存在には銀杏BOYZの峯田和伸さんもいます。
峯田和伸さんについて詳しくはコチラも
ミュージシャンな俳優達のまとめはコチラ

演技について興味をもったのは、実は小学生の頃でした。
演劇部で脚本を書いたりして、将来は役者になろうと思っていたそう。
しかし、中学に入ると音楽に目覚めてしまい・・よくあるパターンですね。
そして高校1年生のときに、バンド「黒猫チェルシー」を結成する事となります。
この「黒猫チェルシー」については、後で詳しく書いています。

2009年に映画「色即ぜねれいしょん」でナンと2000人の中から主役に抜擢!
これは渡辺大知さんが大学1年生で18歳のときでした。地元の神戸から上京したばかりです。
彼にとって、バンドを組みことに次いで、第二の革命だったと後に話しています。

「色即ぜねれいしょん」での演技は高く評価され、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞!
でもそれからスランプに陥ったそうです。
元々役者としてではなく、バンドマンとして見られたかった。若い頃はどうしても色々な事にこだわってしまいます。
確かにバンドとしてメインで活動している以上、バンドに全魂を注がないのって違うんじゃないかとか、おろそかにするのは自分が許せなかっただろうし。
役者としてのオファーはあるのに断って、思い出したくもないくらい精神的に辛い時期でした。
その状況を打開してくれたのは、メンバーだったそう。ギターの澤さんと語り合って、そんな表現できる機会をナシにするのは勿体ないと言われ、自分は自分に合ったやり方でやろうってフっ切れたんだそうです。

その後、NHK御用達ってくらいに、出ているドラマのほぼ9割ほどはNHKばかり。

そのNHKドラマ「僕が父親になるまで」では何と主演に!

NHKの朝ドラにも既に2本も出演。
2011年の尾野真知子さん主演の連続テレビ小説「カーネーション」

大正時代の御曹司、松坂勇役。

2015年の土屋太凰さん主演の連続テレビ小説「まれ」。

無口でシャイな性格の二木高志役を熱演。
喋るよりも歌を先に披露、教室でギターをもって歌っています。
バンド「little voice」として活動する高志、そのバンドで実際にCDを出してしまいます。
little voiceについては、後に黒猫チェルシーと共に詳しく説明しています。

NHKは渡辺大知さんが大好きのようですね!

映画は「渇き。」「くちびるに歌を」など話題作に出ています。

「くちびるに歌を」に出演している佐野勇斗さんについて詳しくはコチラも
「渇き。」に出演している小松菜奈さんについて詳しくはコチラも

2016年のドラマ「火花」では斉藤和義さんの「空に星が綺麗」を熱唱し、話題になりました。

 

出演CM続々!!

ドコモブルボン三井住友カード・・・と
大手のCMにどんどん出演する渡辺大知さん。

なぜ、こんなに起用されるんでしょう?

出演しているCMは、確かに印象に残ってる!
日本経済新聞 日経電子版の「田中電子版」のCMなんかは特にね。

田中電子版「田中、電子版になる」篇

このdocomoのCMも見たら思いだす!

なんとドコモのライバル、ソフトバンクにも起用。
小島藤子さんとかなりほっこりする感じに。

待ち合わせ篇

小島藤子さんについて詳しくはコチラ

サントリー「ほろよい」のCM。
若手の注目株の俳優たちが競演しています。
二階堂ふみさん、成海璃子さん、野村周平さん、片平里菜さんと共演。

ほろよい『風』篇

野村周平さんについて詳しくはコチラ

黒猫チェルシーって?

スポンサーリンク


渡辺大知さんは、よく”黒猫チェルシー”というワードと検索されています。
黒猫チェルシーって何?!って方の為に、詳しくご説明します。

まぁ薄々気づいているというか、既に分かってる方も多いかと思いますが、「黒猫チェルシー」というのは、渡辺大知さんがヴォーカルを務めるバンドのことです。
渡辺大知さんが高校生のときに結成しました。
当時の事をあるインタビューでこう語っています。

バンドを組むのは自分の中で大事件で、革命が起こったようでした。

今更ですが、渡辺大知さんの本業はミュージシャンです。

黒猫チェルシーのメンバーは以下です。
ボーカル:渡辺大知
ギター:澤竜次
ベース:宮田岳
ドラム:岡本啓佑

すいません、誰がどれだか分かりません。。
もうミュージシャン感が満載のメンバー!そして皆さん雰囲気がそつくりです。
渡辺さん以外は幼なじみで、小学生のときにバンド活動を始めたそうです。

という4人の非常にオーソドックスなバンド形態です。
渡辺大知さんの地元、神戸にて、2007年3月に結成されました。
地元神戸のライブハウスを中心にライヴ活動を始めます。

早くも結成翌年の2008年11月2日に「黒猫チェルシーホテル」というワンマンライヴを行います。
ワンマンって、例え小さなライブハウスだとしても結構凄い事です。
その辺の高校生がおチャラけたイベントするって言って友達にチケットを頑張って売りさばいても数十人集まるのは結構大変な事です。
つまり、本当に黒猫チェルシーが見たい!聞きたい!歌い・・(どっかで聞いたことあるので自粛)と思わないと、なかなか会場は埋まらないし、ましてやワンマンする事なんてできません。
この流れから見ても、このバンドいけるんじゃね?!っていうのが容易く想像できます。

2009年には、東京に拠点を移し全国規模に。
やっぱりほっとかれないんですね。
もうトントン拍子なんですが、全国ツアーもして2010年に「猫Pack」でメジャーデビューを果たします。
レーベルは、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズです。

そこからの活躍は時系列でどうぞ!
2011年:台湾で初の海外ライブ、初の全国ワンマンツアーを行う。
1stアルバム「NUDE+」を、1stシングル「アナグラ」をリリース。

2012年:アルバム「HARENTIC ZOO」をリリース。
2014年:初のベストアルバム「Cans Of Freak Hits」をリリース。

2015年:NHK連続テレビ小説「まれ」に劇中バンド「little voice」として出演する。
little voiceでツアーを行う。ソニー・ミュージックレコーズへ移籍する。

2016年:シングル「グッバイ」「青のララバイ」をリリース。

2017年:アルバム「LIFE IS A MIRACLE」、シングル「ベイビーユー」をリリース。

もう順調としか言いようがない流れを踏んでいます。

↓ ↓ ともあれ肝心な曲なんですが、こんな感じです。
ベリーゲリーギャング

オンボロな紙のはさみ

ボリュームノブ

前出した朝ドラ「まれ」でのバンド「little voice」の曲はコチラ↓ ↓ 
『涙のふたり』

精力的にライブ活動をしていますが、俳優業も忙しい渡辺大知さん。
よくそんなに体がもつな・・・

twitterやインスタは?

渡辺大知さんは、わりとSNSをやっていました。

インスタはやっていなかったですが、twitterは結構更新されているようです。


こんな俳優仲間とのオフショットもたくさん♪

「黒猫チェルシー」名義でもやっていますね。

これからのご活躍が楽しみです!









よろしければ、ポチっとお願いします
     ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク